ページトップへ

新米を食べに秋田へ行こう!新米に合う秋田産のおかず特集

ぎばさとごはん

「あきたこまち」に代表される秋田のお米生産量は全国第3位。「ひとめぼれ」「ゆめおばこ」「めんこいな」「淡雪こまち」「秋のきらめき」「つぶぞろい」といったブランド米たちの新米が気になる季節がやってきました。

そこで今回は、ホッカホカのごはんに合う「秋田産のおかず」を集めてみました!

かなえや「比内地鶏 ご飯だれ」

 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 

skyline1001(@kyo_hey1001)がシェアした投稿 -

愛知県の「名古屋コーチン」や鹿児島県の「薩摩地鶏」とともに日本三大地鶏の一角を占めるのが、秋田県の「比内地鶏(ひないじどり)」。その比内地鶏をごはんのお供にした商品です。

比内地鶏と刻みネギを中心とした具材を、もろみ味噌主体で味付け。まろやかで濃厚な旨味が新米にもぴったりです!

こういった比内地鶏系のごはんのお供は、炊き込みご飯(鶏めし)の素、ご当地カレー、味噌漬けなど、他にもたくさんあります。鶏肉本来のコクと風味が味わえるものばかりなので、ぜひ味比べしてみてください。

ぎばさ(アカモク)

ぎばさ

アカモクという粘り気のある海藻を、秋田では「ぎばさ」と呼び、親しまれています。

ぎばさの特徴は、なんといってもそのネバネバ。お箸で持ち上げると、ひと固まりになって持ち上がるほどの粘り気で、納豆の比ではありません。このネバネバは「フコイダン」という食物繊維が元になっており、健康食品としても注目を浴びています。

刻みネギやかつお節を添えて、醤油・ポン酢、もしくはめんつゆで味付けし、ホッカホカの新米に乗せましょう。口いっぱいに磯の香りが広がります!

のど越しが良いので、食べやすいのも魅力です。美容と健康にも良い「ぎばさ」を食べれば、秋田美人になれるかも?

とんぶり

 
【食:秋田名物を食べよう!~とんぶり~】 「とんぶり」とはホウキ草の実のこと。大館市を中心に9月~11月に収穫が行われる、今が旬な食材! 最近ではタレントのふかわりょうさんが「とんぶりの唄」をリリースし、「とんぶり応援大使」に就任するなど、... あきたびじょんさんの投稿 2019年9月23日月曜日

 

アカザ科ホウキギ属の一年草、ホウキギの実の部分を加工したものが「とんぶり」です。ホウキギは別名が「コキア」なので、そちらの方がなじみのある人も多いかもしれません。

もともと、「唐から伝来した、ぶりこ(ハタハタの卵)のようなもの」を意味する「とうぶりこ」が「とんぶり」に変形したそうです。その見た目から「畑のキャビア」ともいわれています。

濃い塩味のキャビアとは違い、癖がなく淡白な味わいなので、ぎばさのようにかつお節とだし醤油で食べるのがおすすめです!

新米のほかにもさまざまな料理にあいますが、炊き込みご飯には最初から入れない方が無難です。加熱するとせっかくのプチプチ感が損なわれてしまうので、あとからトッピングするといいでしょう。

いぶりがっこ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Y.Fumihara(@y.moon_5)がシェアした投稿 -

「いぶりがっこ」とは、雪国秋田を代表する伝統的な漬物です。大根を外に干していると凍ってしまうので、囲炉裏の上に吊るして燻し、米ぬかに漬けこんだのがはじまりで、室町時代から作られているそうです。

燻製独特の香りが鼻をくすぐり、噛めばパリパリとした食感とともに香りと旨みが口の中いっぱいに広がります。

新米のお供だけでなく、お酒のおつまみにもぴったり!福神漬け代わりに比内地鶏のご当地カレーと組み合わせてみるのも美味しいかも。

夜行バスで秋田へ新米を食べに行こう!

今回は新米にあうおかずをご紹介しましたが、米どころである秋田にはお米を使った「きりたんぽ」や地酒といった名産品がたくさんあります。

ホッカホカの新米や、米どころならではのグルメを食べに秋田へ行きませんか?秋田へ行くなら運賃がとってもお得な夜行バスがおすすめです!

秋田行きの夜行バス便→

この記事を書いた人

WRITER
バスLOVE編集局

バスLOVE編集局

バスLOVE編集局が高速バスのここだけの話や最新ニュースをお届けしていきます。 高速バスの知らなかった魅力やお役立ち情報など、なかの人ならではの話が出てくるかも!?

新米を食べに秋田へ行こう!新米に合う秋田産のおかず特集

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バスラブの最新情報をお届けします

この次によく読まれている記事

RELATIVE ARTICLE

新米を食べに岐阜へ行こう!新米に合う岐阜産のおかず特集

新米を食べに新潟へ行こう!新米に合う新潟産のおかず特集

話題のTOPICS

TOPICS

カテゴリー

CATEGORY

FOLLOW バスラブ on Facebook

FOLLOW バスラブon Twitter

高速バス人気路線 最安値情報

COST

人気記事ランキング

RANKING