ページトップへ

観光スポット

2019.02.26

名古屋から日帰りでサッとめぐれる!飛騨高山のおすすめ観光スポット

飛騨高山の民芸品さるぼぼ

岐阜県にある飛騨高山エリアは、豊かな自然や古き良き街並みなど見どころ満載! 国内外問わず、多くの観光客から人気を集めています。

また、名古屋から日帰りで行けるのもポイントのひとつ。 気軽に行けるので、日帰り旅行でサッと巡るのにもぴったりです。

今回は、そんな飛騨高山エリアのおすすめ観光スポットをご紹介します!

活気あふれる雰囲気を楽しむ!「宮川朝市・陣屋前朝市」

朝市を歩く女性二人組

飛騨高山に到着したらまず最初に訪れたいのが、ほぼ毎日開催されている朝市です。 冬季以外は午前7:00から12:00まで、12月~3月は8:00から12:00まで開催されています。

販売している商品は、野菜や果物のほか、飛騨高山ならではの桐細工小物やアクセサリーなどさまざま。ご当地のお土産として人気の刺繍グッズ「飛騨さしこ」や、家庭円満や安産のお守りとして有名な民芸品「さるぼぼ」も販売しています。

飛騨高山の民芸品さるぼぼ

地元の人々による朝市は大変活気があり、とてもにぎやかな雰囲気です。 岐阜県特有の方言を聞ける機会もあるかもしれませんね♪

【アクセス】JR「高山駅」から徒歩10分
【営業時間】宮川朝市/7:00~12:00(12月~3月は8:00~12:00)
陣屋前朝市/7:00~12:00(11月~3月は8:00~12:00)
【料金】無料
【URL】宮川朝市:http://www.asaichi.net/ 陣屋前朝市:http://www.jinya-asaichi.jp/index.html

風情ある街並みを堪能できる「高山城下めぐり」

江戸時代に城下町として栄えた高山市の中心市街地は、今もなお江戸時代から明治中期にかけた建てられた屋敷などが立ち並んでいます。昭和54年には高山市三町が国の重要伝統的建造物群保存地区に選定されました。

その風情ある街並みは「飛騨の小京都」と呼ばれており、観光スポットとしても人気です。 エリア内には、飛騨牛を提供しているレストランや、日本酒を試飲できる酒造店、おしゃれな喫茶店などが軒を連ねています。

飛騨牛のステーキ

食べ物や飲み物をテイクアウトできる店舗もあるので、趣深い町並みを眺めながら食べ歩きを楽しむのもおすすめです。

【アクセス】JR「高山駅」から徒歩10分
【営業時間】店舗による
【料金】無料

時代劇の世界にトリップできる?「高山陣屋」

高山城の城主である金森氏が下屋敷として使用していた高山陣屋。 陣屋とは江戸時代に郡代や代官が政治を行なった場所で、幕末には全国に60数ヵ所あったと言われています。しかし、当時の主要建物が残っているのは、高山陣屋だけ。昭和4年には国史跡に指定されました。

建物内には、室町時代から伝わる住宅様式である書院造(しょいんづくり)の大広間や、罪人の裁判を行なった御白洲(おしらす)など、歴史を感じる見どころがたくさんあります。 まるで時代劇の世界に入り込んだかのような気分が味わえますよ!

【アクセス】JR「高山駅」乗鞍口(東口)から徒歩15分、バス停「高山濃飛バスセンター」からバスで約8分
【営業時間】8:45~17:00(8月中は18:00まで、11月~2月末までは16:30まで)
【休館日】12月29日、31日・1月1日
【料金】大人:個人430円、団体380円
【URL】https://www.pref.gifu.lg.jp/kyoiku/bunka/bunkazai/27212/

川のせせらぎと鯉に癒される♪「瀬戸川と白壁土蔵街めぐり」

お堀を泳ぐ鯉

まったりと観光したいなら、高山飛騨古川駅から徒歩5分の場所にある、瀬戸川と白壁土蔵街めぐりがおすすめ。 町中を流れる瀬戸川に沿って白壁の土蔵が約500メートルにわたって立ち並んでいるエリアで、川のせせらぎを聞きながらのんびりとお散歩できます。

春から秋の間は、瀬戸川に1000匹余りの鯉を放流(※)。色とりどりの鯉が川を泳ぐ姿を楽しめるのも魅力です。
※11月下旬~4月上旬は越冬のため増島城跡の池にいるそう

また、川沿いには鯉のえさが購入できる無人販売所があり、いつでも餌やりができます。

【アクセス】JR「高山飛騨古川駅」から徒歩5分
【営業時間】24時間
【料金】無料

飛騨高山エリアに行くなら高速バスの利用がおすすめ!

飛騨高山の町並み

飛騨高山エリアへ向かう交通手段には、高速バスの利用が便利です。
新幹線や飛行機を利用するとJR高山駅まで乗り換えが発生しますが、高速バスを利用すれば乗り換えることなく、高山駅周辺まで一本で向かえます。

また、新幹線や飛行機と比べリーズナブルな価格で移動できるのも魅力です。
飛騨高山エリアへ向かうバスは、名古屋や新宿などから運行しています。

飛騨高山観光に訪れる際には、ぜひ高速バスの利用を検討してみてくださいね!

⇒高山・奥飛騨温泉郷着のバス路線

※掲載情報はすべて2019年2月現在のものです。変更される可能性もありますので、何卒ご了承ください。

この記事を書いた人

WRITER
バスLOVE編集局

バスLOVE編集局

バスLOVE編集局が高速バスのここだけの話や最新ニュースをお届けしていきます。 高速バスの知らなかった魅力やお役立ち情報など、なかの人ならではの話が出てくるかも!?

名古屋から日帰りでサッとめぐれる!飛騨高山のおすすめ観光スポット

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

バスラブの最新情報をお届けします

この次によく読まれている記事

RELATIVE ARTICLE

日帰りじゃもったいない!飛騨高山の一生に一度は行きたい観光スポット

【大阪府内の早朝時間つぶし】無料でお花見ができる桜の名所・大阪編

【東京都内の早朝時間つぶし】無料でお花見ができる桜の名所・東京編

【ナゴド周辺の早朝時間つぶし】無料でお花見ができる桜の名所・名古屋編

話題のTOPICS

TOPICS

カテゴリー

CATEGORY

FOLLOW バスラブ on Facebook

FOLLOW バスラブon Twitter

高速バス人気路線 最安値情報

COST

人気記事ランキング

RANKING